2019年2月1日金曜日

2019前期美術Ⅱ 現代アートほど面白いものはない

2019 前期美術2のスケジュールが発表されました。
ご一緒に講座を楽しみましょう♪

2019前期美術Ⅱ
現代アートほど面白いものはない


現代アートは決して訳のわからないものではありません。20世紀美術の歴史展開をたどりながら 何を表現しようとして、どんな表現を試みたのかを詳しく解説していきます。

パブロ・ピカソ 1962
1 4/5(金) 物の概念を捉え直す:コンセプチュアルアート
2 4/12(金) 色彩を自由に使う:アンリ・マティス
3 5/10(金) 新しい表現を探す:パブロ・ピカソ
4 5/17(金) 写実的描写を超えて:キュビスム
5 5/24(金) 現代社会の未来を表す:イタリア未来派
6 5/31(金) 芸術をぶち壊せ:ダダの登場と展開
7 6/14(金) 無意識の世界の探求:シュルレアリスム
8 6/21(金) パリに集った外国人芸術家たち:エコール・ド・パリ
9 6/28(金) 絵画の新しい描き方:ジャクソン・ポロックと抽象表現主義
10 7/12(金) もう一度芸術をぶち壊せ:ラウシェンバーグとジョーンズ
11 7/19(金) 現代の生活を芸術に:アンディ・ウォーホルとポップ・アート
12 7/26(金) 前衛芸術の行方:パブリックアートと社会関与型アート

講師 
第1回・第12回 武蔵野美術大学・東京造形大学講師 松井勝正
第2回~第11回 武蔵野美術大学教授 田中正之
田中先生プロフィール
         東京大学文学部美術史学科、修士課程を経て、
         1990-95年ニューヨーク大学美術史研究所
         国立西洋美術館勤務の後
         武蔵野美術大学教授
         専門は西洋近現代美術史。
         キュレーターとして『ピカソ:子供の世界』展(’00)
         『アメリカン・ヒロイズム』展(’00)
         『マティス』展(’04)『ムンク』展(’07)などを担当。
        論文「マン・レイにおける女性の目の表現と〈不気味なもの〉」など
          
         武蔵野美術大学大学サイトの田中先生のもっと詳しいプロフィールはこちらです。



<美術Ⅱ新百合ヶ丘・12回の西洋美術史講座を受講希望の方は、こちら(←リンク)

この講座を美術が大好きなお知り合いの方にどうぞご紹介ください。>

下の共有ボタンが便利です。>



2019年1月25日金曜日

第12回 古代の遺産-古代ローマ美術の受容について


今回は 諸川春樹先生によるまとめの講座でした。

4世紀末のローマには膨大な数の古代の彫刻があったそうなのですが、ゲルマン民族の侵入やテオドシウス帝による異教徒の排除などを理由として、10世紀までにはほとんど失われてしまったのだそうです。
大理石は建築資材に。金属は溶かして再利用。

交易で栄えていたピサへは
ローマで荷を降ろした船の帰りの「重し」として、多数の古代の石棺が持ち込まれました。
ピサにたくさんあった石棺彫刻を参考とした彫刻作品が13世紀後半、登場し始めたということです。
二コラ・ピサーノの作品はルネッサンス彫刻の嚆矢。
ピサでは斜塔を見るばかりではいけませんね。

ピサ洗礼堂説教壇 二コラ・ピサーノ
1259頃


ルドヴィシの石棺 260
国立ローマ博物館
画像はCaiuscorentin [CC BY-SA 3.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], from Wikimedia Commons
古代彫刻、古代レリーフがルネッサンス以降の作品でどのように登場しているかみていくと面白いそうです。諸川先生は「ルーベンス展」をこの点に注意してとても楽しまれたそうです。

ロレンツィオ・ロット
「アンドレア・オドーニ」 1527
ロンドン、ハンプトン・コート王室コレクション


<美術Ⅱ新百合ヶ丘・12回の西洋美術史講座を受講希望の方は、こちら(←リンク)
               現在申込受付中です。
この講座を美術が大好きなお知り合いの方にどうぞご紹介ください。>

下の共有ボタンが便利です。>

2019年1月18日金曜日

第11回  古代のひとびとの暮らしぶり

人類の起源、キリスト教の伝播、古代人の生活についてお話がありました。
創世記など抜粋での解説がありました。

天地創造の絵は、太陽と月の描き方や 創造主の顔貌、衣服の色など注意してみると面白いです。


ミケランジェロ システィーナ礼拝堂
15c


13c ビブル・モラリゼ より
オーストリア国立図書館


アダムは土から作られたことから おへそを描かないのだそうですが、ミケランジェロの天井画ではあるそうです。

パオロ・ウッチェロ
サンタ・マリア・ノヴェッラ教会
1446-48

ミケランジェロ
システィーナ礼拝堂天井画
1509
今日一番かわいかった画像。
ネクトールのお話から。

大英博物館
トリーアイ ミツバチの神様
BC7c ロードス出土

池上先生の講座は今回で最後です。11回ありがとうございました。


美術2新百合ヶ丘の講座とは別に
同じ新百合21ホールで
5/30,6/20,7/11(すべて木曜 16:30~18:00)3回の短期講座
池上英洋先生「レオナルド・ダ・ヴィンチ没後500年」のお話があります。こちらもご参加ください。



<美術Ⅱ新百合ヶ丘・12回の西洋美術史講座を受講希望の方は、こちら(←リンク)

この講座を美術が大好きなお知り合いの方にどうぞご紹介ください。>

下の共有ボタンが便利です。>