2023年1月23日月曜日

お知らせ≪現代美術へのいざない≫ 2023春講座

 2023年 春から始まる講座のスケジュールが発表されました。

現代美術へのいざない

講師 多摩美術大学准教授 大島徹也先生

難解と言われる現代美術。

しかしそこには、次々と新たなアーティストが登場し、

アートの概念と実践がどんどん拡大していくエキサイティングさがあります。

この講座では、「現代美術」の基礎の部分を、

できるだけわかりやすく解説していきます。




定員 新百合21ビル地下二階 新百合21ホール 150名

   オンライン受講 100名

時間 毎回 金曜日 10時30分~12時00分 (12回)

     受講料  17,160円 (聴講生)

※かわさき市民アカデミーの会員(別途入会金あり)になり、
ほかの講座や年間を通していくつかの講座を受講すると受講料がお得になります。
     (2年会員受講料11,440円 1年会員受講料12,870円 )
詳細はかわさき市民アカデミーホームページで。(リンク)


1  4/7(金) 現代美術概説
2  5/12(金) 〈抽象〉の誕生―モンドリアン、カンディンスキー、マレーヴィチ
3  5/19(金) 抽象表現主義―現代美術の出発点(ポロック、デ・クーニング)
4  5/26(金) 抽象表現主義(ニューマン、ロスコ)
5  6/2(金) カラーフィールド・ペインティング―ひろがる色彩
6  6/16(金) ネオ・ダダ―芸術に入り込む日常
7  6/23(金) エンヴァイラメント―〈環境〉的なアート
8  6/30(金) ハプニング―〈環境〉からイベントへ
9  7/7(金) ポップ・アート―大衆文化が芸術に
10  7/14(金) ミニマル・アート―シンプルの美学
11  7/21(金) コンセプチュアル・アート―アイディアが命
12  7/28(金) ランド・アート―大地を舞台に

大島徹也先生プロフィール
多摩美術大学 准教授/西洋近現代美術史
1973年愛知県生まれ。
東京大学文学部美術史学科卒業。東京大学大学院人文社会系研究科修士課程修了。ニューヨーク市立大学グラデュエートセンター博士課程修了。博士(美術史)。
愛知県美術館主任学芸員、広島大学大学院総合科学研究科准教授を経て現職。
主な共著にIls ont regardé Matisse (2009)。
主な展覧会企画/監修に「生誕100年 ジャクソン・ポロック展」(愛知県美術館・東京国立近代美術館、2011-12年)、「バーネット・ニューマン」展(MIHO MUSEUM、2015年)。


******************************************************************

 <この講座を美術が大好きなお知り合いの方にどうぞご紹介ください。>


スマートフォンなどの 共有機能で
このページをお知り合いと共有していただくと講座の紹介が簡単です。
下の共有ボタン使ってもシェアできます。


Twitterもやっています。美術2新百合ヶ丘(@art2shinyuri)


申し込みはこちら

いろいろ講座があります。チェックしてみてください。



2023年1月20日金曜日

第11回 怪物の画家?ボッス

 諸川春樹先生の西洋美術史講座、今回は「怪物の画家?ボッス」でした。

ヒエロニムス・ボッス(1450-1516頃)の生きた時代はレオナルド・ダ・ヴィンチ(1452- 1519)とほぼ同じ。(二人が接触したかどうかはわからないそうです。)

ボッスは悪魔、怪物の画家として有名ですが、怪物の画家というよりも「我々に対して戒めを示す画家」でもあるようです。

今回は大量の画像を見せていただきました

★七つの大罪。

フェリペ二世はこの絵を自室にかけ、いつも見ていたそうです。

大きな丸は「目」。目の中心はキリスト。七つの大罪、あなたはどれを犯していますか?

ボッス
七つの大罪
プラド美術館


七つの大罪、中央の目拡大。


★パトモス島の福音書記者聖ヨハネ


ボッス
パトモス島の福音書記者聖ヨハネ
ベルリン美術館

 メムリンク
マリア・ヨハネ祭壇画(聖カタリナの神秘の結婚)の右側
1479年
メムリンク美術館、ブリュージュ



★聖アントニウスの誘惑(祭壇画)

丹毒の治療で知られた修道士聖アントニウスのお話をしていただきました。

悪魔が多く登場し、誘惑します。

ボッス
聖アントニウスの誘惑(祭壇画)
リスボン国立美術館


グリューネヴァルド
(イーゼンハイム祭壇画の中より)
聖アントニウスの誘惑
1515
ウンターリンデン美術館


★東方三博士の礼拝 

伝統的な祭壇画形式だが、随所に革新的な表現。よく見ると不思議。

ボッス
東方三博士の礼拝(祭壇画)
プラド美術館


★快楽の園(祭壇画)外扉。「天地創造」

ボッス
快楽の園(祭壇画)外扉 天地創造
プラド美術館

先生に見せていただいたほかの絵も検索して復習してみてください。



<この講座を美術が大好きなお知り合いの方にどうぞご紹介ください。>

スマートフォンなどの 共有機能で
このページをお知り合いと共有していただくと講座の紹介が簡単です。
下の共有ボタン使ってもシェアできます。


Twitterもやっています。美術2新百合ヶ丘(@art2shinyuri)


次回は現代美術12回です。ぜひお申し込みください。

ほかにもいろいろ講座があります。チェックしてみてください。



2023年1月13日金曜日

第10回 「世紀末」の画家たち:シント・ヤンス、ダフィット、マセイス

 諸川春樹先生の西洋美術史講座、麗しの中世ゴシック絵画、≪「世紀末」の画家たち≫シント・ヤンス、ダフィット、マセイスについて多くの画像を見せていただきました。


★へ―ルトン・トット・シント・ヤンスののびやかで穏やかな素朴な宗教心。

音楽に囲まれているような絵画も。

へ―ルトン・トット・シント・ヤンス
聖母子
1480年代
ロッテルダム、ボイマンス・ファン・ブニンヘン美術館

左上には羊飼いのお告げの図。

へ―ルトン・トット・シント・ヤンス
聖夜
1480-85頃
ロンドン・ナショナルギャラリー


★ヘラルト・ダフィット

 イタリアルネサンスの影響も感じられます。

ほかの画家のカナの婚礼の比較も興味深かったです。

ヘラルト・ダフィット
カナの婚礼
1503頃 ルーヴル美術館


赤ちゃんにミルクスープを食べさせている優しいお母さんに見えます。


ヘラルト・ダフィット
ミルク・スープ(粥)のある聖母子
1515
ブリュッセル王立美術館

当時人気のテーマのため、本人によるレプリカがいくつかあります。

★クエンティン・マセイス(マッサイス)

レオナルド・ダ・ヴィンチなどイタリア絵画の影響によるマニエリスムの代表画家。

クエンティン・マセイス
両替商とその妻
1514
ルーブル美術館

※ 参考 第6回ペトルス・クリストゥス


マセイスの絵の中の登場人物には レオナルド・ダ・ヴィンチの「グロテスクな頭部」の素描の影響をうけたものがあります。そしてこの絵は不思議の国のアリスの挿絵へも影響が。。

クエンティン・マセイス
醜い伯爵夫人
1513
ロンドンナショナルギャラリー


Illustration by John Tenniel,
published in 1865
in Alice's Adventures in Wonderland.
公爵夫人
             


<この講座を美術が大好きなお知り合いの方にどうぞご紹介ください。>

スマートフォンなどの 共有機能で
このページをお知り合いと共有していただくと講座の紹介が簡単です。
下の共有ボタン使ってもシェアできます。


Twitterもやっています。美術2新百合ヶ丘(@art2shinyuri)


次回は現代美術12回です。ぜひお申し込みください。

ほかにもいろいろ講座があります。チェックしてみてください。